トップ > 主優待に注目する理由 > 株主優待は配当金よりも断然お得!

株主優待は配当金よりも断然お得!

株主優待を実施している企業に投資すれば、配当金以外にも特典を得ることができ、配当金だけしか得られない企業の株を購入するよりも、大きな利益を期待できると紹介しました。
その理由をさらに紹介していくことにしましょう。
配当金は、業績に応じて利益を分配する制度です。つまり、業績が良ければ配当金も上がりますし、逆に業績が悪ければ、配当金はゼロになることもあります。しかし、株主優待は、業績に関係ない制度であるため、たとえ業績が悪かったとしても実施されます。
また、株主優待は、自社商品や自社サービスを特典としているものが多いので、かなり価値のある特典を得ることができます。企業によりますが、株式購入額の20%を越える株主優待を実施しているケースもあります。だいたい株式購入額の5%前後が一般的ですが、それでも十分得と言える
でしょう。これは、通常の価格で試算すると、株主にとって大きなメリットですが、株主優待を実施している企業にとっては原価で計算するので、決して損なわけではありません。
さらに、株主優待を実施している企業が、かなり深刻な業績悪化に陥った場合、配当金をゼロにし、それでも改善されなければ、株主優待を廃止する傾向にあります。つまり、株主優待を実施していない会社に比べ、株主優待を実施している会社は、業績悪化を事前に読み取ることができ、倒産リスクに備えることができるのです。
しかも、株主優待を実施している企業の株は、他の企業よりも株価が上がりやすく、下がりにくいという特徴があります。
これは、株主が得ることのできる特典が、他の企業よりも良いためです。とくに、ネットトレーディングなどを行っている個人投資家を中心に人気が高まり、株価と特典で利回りを考えた場合、ある一定の株価を下回ると買いが殺到し、株価の下支えに貢献してくれます。また、人気の株主優待を実施している企業の株は、権利付売買最終日に向けて株価が上昇する傾向にあるのです。
次に、意外と知られていない税金面でのメリットを紹介しましょう。
通常、株式取引を行う場合、株の購入には税金がかかりませんが、売却する際、キャピタルゲインに10%の株式譲渡所得税がかかります。ただし、キャピタルロスには税金はかかりませんし、1年間の損益を合算した上で、キャピタルゲインが発生した場合にのみ、株式譲渡所得税がかかるので、それほど気にすることはないでしょう。
しかし、配当金に関しては、問答無用で10%が源泉徴収されてしまいます(2008年4月1日からは20%の予定)。つまり、年間5000円の配当金の企業の株を保有していたとしても、4500円しか受け取ることはできません。
一方、株主優待は、非課税なので、まったく税金はかかりません。つまり、配当金と株主優待が同額の場合、配当金の利回りよりも株主優待の利回りが高い会社の方が得ということになるので、覚えておいてください。

この記事のカテゴリーは「主優待に注目する理由」です。
関連記事

株主優待は配当金よりも断然お得!

株主優待を実施している企業に投資すれば、配当金以外にも特典を得ることができ、配当...

儲かるインカムゲインとは?

先に説明したとおり、インカムゲインには主に配当金、株主優待、株式分割の三種類があ...

初心者はキャピタルゲインで儲けられないの?

キャピタルゲインを得るには、購入時の株価よりも上がっていなければなりません。 で...

株式投資を始める前に

最近注目を集めているインターネットでの株式投資。「株式投資を始めたい」と思ってい...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「主優待に注目する理由」です。2008年05月21日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「主優待に注目する理由」です。2008年05月20日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「主優待に注目する理由」です。2008年05月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「主優待に注目する理由」です。2008年05月13日に更新しました。

カテゴリー
スポンサードリンク