トップ > 主優待に注目する理由 > 株式投資を始める前に

株式投資を始める前に

最近注目を集めているインターネットでの株式投資。「株式投資を始めたい」と思っていても、初心者には何かと敷居が高く、二の足を踏んでしまう方も多いことでしょう。そんなみなさんの不安を解消し、楽しく、安全に、そして儲かる株式投資の方法を紹介します。

では、最初に株式投資の基本を勉強しましょう。

株式投資には、株式を売買することで得られる売買益(キャピタルゲイン)を目的とした投資と、配当や株式分割、株主優待などの株主特典(インカムゲイン)を目的とした投資の2種類があります。

キャピタルゲインは、購入した時の株価と売却した時の株価の差額、つまり売買益で利益を出すというもの。たとえば、1000株単位の株価500円の株を購入した場合、購入代金は50万円。その株が値上がりして株価600円で売却したとすると、売却代金は60万円となり、差額分の10万円が売買益となります。もちろん、株価は値下がりする場合もあるので、その場合はキャピタルロスが発生することになります。このようなキャピタルゲインを得ることを目的とした投資は、ハイリスクなケースが多く、専門知識やそれなりの運用時間が必要です。

インカムゲインの代表が配当金です。配当金は株主に対して年に1〜2回支払われる利益の分配金のことで、その会社の利益に応じて支払われます。その金額は、企業や年度ごとに異なりますが、ほとんどの会社が実施しており、預金金利が限りなくゼロに近い現状において、配当金だけで預金以上の利回りも可能です。
株主優待とは、配当金とは別に、株式を保有してもらっているお礼として、株主に対し、自社製品や商品券などを年に1〜2回配布する優待サービスのことです。企業としては、自社製品や自社サービスをよりよく理解してもらう、株主向け広報活動の一環として実施しているようです。ただし、すべての企業が実施しているわけではありません。
株式分割は、すべての株主を対象に、保有株式数に対して、一定の割合で新たな株を無償で発行する制度です。たとえば、株主が保有する1000株に対して、1対1.2の株主分割を行った場合、新たに200株の新株が発行され、保有株式数が1200株に増えることになります。このような株式分割は、発行株式数を増やすことで、その株の市場性を高める目的があります。たとえば、1対1.2の株主分割が行われると、1000株で株価が500円の株式が、1200株に増えて株価が417円になります。一見株価が下がったように思えますが、株数×株価で総額を計算すると、資産価値は下がっていないことがわかるでしょう。株式分割は好調な業績を背景に実施する場合がほとんどなので、417円に下がった株価は500円に戻ることも多く、同じ株価にまで戻ったとすると、単純に増加分の200株分の資産が増えたことになります。

この記事のカテゴリーは「主優待に注目する理由」です。
関連記事

株主優待は配当金よりも断然お得!

株主優待を実施している企業に投資すれば、配当金以外にも特典を得ることができ、配当...

儲かるインカムゲインとは?

先に説明したとおり、インカムゲインには主に配当金、株主優待、株式分割の三種類があ...

初心者はキャピタルゲインで儲けられないの?

キャピタルゲインを得るには、購入時の株価よりも上がっていなければなりません。 で...

株式投資を始める前に

最近注目を集めているインターネットでの株式投資。「株式投資を始めたい」と思ってい...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「主優待に注目する理由」です。2008年05月21日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「主優待に注目する理由」です。2008年05月20日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「主優待に注目する理由」です。2008年05月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「主優待に注目する理由」です。2008年05月13日に更新しました。

カテゴリー
スポンサードリンク